田七人参の効果実感までの期間は?

田七人参の効果実感までの期間は?

一般的には3ヶ月飲み続けることが推奨されています。

 

田七人参の効果実感までの期間は?

 

しかし私はこれを誤りだと思います。と言うか、販売会社の売上を伸ばす戦略だと考えています。

 

なぜなら、田七人参サプリを飲んで、わずか数日で実感する人も多くいますし、私が口コミなどを見る限り、概ね2週間〜3週間以内には何らかの効果を実感しているようでした。

 

でもこの事実は販売会社としては困るもの。なるべく長く田七人参を続けて欲しいですからね・・・(笑)ですから、一応の目安として三ヶ月は続けてくださいと言っているわけです。

 

 

ちなみに販売会社が3ヶ月を根拠にする理由として、「赤血球の形成の期間」が挙げられます。ご存知の通り赤血球というのは血液を運ぶ大事な組織。

 

そして田七人参サプリの効果として、血流を良くさせ末端まで血液を届ける、という代表的な役割があります。つまり赤血球とも深く関わっているわけです。

 

そしてこの赤血球が再形成される期間の目安が3ヶ月なのです。ですから、巡りを良くするには最低3ヶ月続けてね。というのが販売会社の論理。

 

我々消費者は鵜呑みにせず、まずは数週間でいいので続けてみるべきだと思いませんか?

 

血糖値抑制に関する効果期間

これは、LIONの研究が参考になりました。何やら、田七人参に含まれるパナキサトリオールという成分が、血糖値を抑制する効果があるという報告をしています。

 

血液中から筋肉に取り込む糖を増やすことで、血中の糖の割合を抑制すると結論付けられています。

 

そして空腹時でも実験が行われており、こちらはヒトでの実験です。田七人参含有粉末を1日1回2ヶ月続けた結果、空腹時の血糖値と食後の血糖値が抑制できたという報告内容です。

 

この結果を見る限り2ヶ月でも有意な差が出ている模様です。2ヶ月でかなり有意な血糖値の差が出ているので、実は、一か月程度でも有意な差が出ているのではないかと考えています。

 

つまり販売会社が掲げる、田七人参は3ヶ月続けると効果を実感できるというのは、やはり販促活動の一環なのかもしれません・・・。

 

まずは初めて見ることをおすすめしたいと思います。

 

参考文献

LION:「田七人参でんしちにんじん」の含有成分「パナキサトリオール」に高血糖を抑制する効果があることを発見

 

page top