田七人参の効果的な摂取方法

田七人参の効果的な摂取方法

田七人参は日本では食品扱いなので、そもそも効果的な摂取方法などを定義することはできません。

 

しかし中国や西洋諸国では、薬効のある食品として認められています(日本で言う、いわゆる漢方として認定されているということ)

 

その薬効は、中国の長い歴史の中で証明されているのですが、なぜか日本政府は田七人参を健康食品扱いから外そうとしません。

 

正直、その理由を確かに判断することは不可能ですが、田七人参は中国でも限られた地域でしか生産できず、その栽培方法や加工方法も、まだまだ明確に規定されていないのが現状です。

 

田七人参を選ぶ際は、栽培方法や加工方法が明確で、きちんと規定されている安全な商品を選びましょう。

 

>>リンク:安全性で選ぶ田七人参

 

 

少し「脇道」にそれてしまいました。

 

参考として、田七人参サプリを摂取するタイミングや、飲むべき料などに関して記載しておきます。

 

田七人参を飲むタイミング

基本的に、どんなタイミングで飲んだって効果に変わりはありません。ひとつだけ注意すべき点としては、田七人参の成分が、他の食物と一緒になって消化吸収の際には薄まらないようにすることが大切です。

 

つまりどういうことかというと、なるべく胃や腸が空に近い状態の時に飲む方が良いということ。具体的には食前がおすすめです。食前しゅというような言葉があるように、漢方の類は食前に飲むのが基本とされています。

 

また、1日の目安量が決まっている場合、例えば30錠飲む必要があるのであれば、一度の食事前に30錠飲むのではなく、三食の食事前それぞれに10錠ずつ飲む方が効果的です。

 

 

田七人参の効果的な摂取方法

 

さらに言うなれば、朝食前は必ず飲んだ方が良いでしょう。就寝中に消化吸収が行われ、胃や腸が空に近い状態ですから、三食の食前の内でも、最も効果的な飲むタイミングだと言えるでしょう。

 

田七人参の薬効成分を少しずつ体内に取り入れることで、持続的な効果が見込まれます。

 

田七人参を飲む量

基本的にはパッケージに記載がある目安分量を飲むことをお勧めします。田七人参粉末換算で1g程度が、1回あたりに飲む一般的な分量だと思います。

page top