田七人参vs高麗人参

田七人参vs高麗人参

田七人参vs高麗人参

 

まず、そもそも「田七人参や高麗人参」って、我々が良く口にする「人参」とは別物なのか・・・?という疑問。

 

結局どちらも人参で同じ??と思われるかもしれません。

 

しかし、「これら2つの人参」と「一般的な人参」は、植物としての科目が違います!!

 

  • 田七人参や高麗人参:ウコギ科(ginseng)→中国チックな読み方ですよね。
  • 一般的な人参:セリ科(carrot)→いわゆるキャロットです。

 

同じ「人参」という呼ばれ方をされていますが、全く別の食物と捉えるのが正解。つまり、人参の延長線上に高麗ニンジンや田七人参があるわけではなく、その成分、薬効としての効果効能も「全く別物」なわけです。

 

 

では、田七人参と高麗人参ではどう違う

結論からから言うと

  • 高血圧対策→田七人参
  • 低血圧のお悩み、だるい→高麗人参

 

高麗人参、田七人参の薬効に関して、有効成分のジンセノイドの含有比率に差があります。詳しい説明は割愛しますが、それぞれに多く含まれるジンセノイドの種類が、以下の通り特徴があります。

 

  • 田七人参:Rb1(神経を抑制、血圧を下げる)
  • 高麗人参:Rg1(神経を刺激、血流を促す))

 

 

 

 

参考文献

page top