田七人参で更年期対策

田七人参で更年期対策

田七人参で更年期対策

 

田七人参は更年期症状に対して効果的な対策となり得るのか??

 

結論としては、辛い更年期の症状に対し田七人参は 有用な成分を含んでおり、田七人参のサプリを摂取することは、 一つの対策となり得るでしょう。

 

まず、皆さんあまり理解されていないようです、更年期症状とは別に更年期障害というものがあります。これら二つに関してきちんと理解を深めておくことが必要です。

 

ざっくりとした説明をすると、更年期に起こる代表的な症状 が継続的に続き、症状が重く日常生活にも支障が出るようなもの、を更年期障害と呼んでいます。

 

更年期障害のメカニズム

女性だけに起こりうる更年期障害。これには女性ホルモンの働きが深く関係していると考えられます。女性ホルモンというのは具体的にエストロゲンのこと。

 

女性ホルモンは30代半ばで最も多く分泌され、それ以降は徐々に低下していきます。そして40代を迎えると、これまでの緩やかな減少から、急速な減少へと転じます。この大きな変化が、女性特有の多くの不快な症状を引き起こす要因となっているのです。

 

また詳しい説明は省きますが、下垂体と呼ばれる脳の部分が 女性ホルモンの分泌司令塔として役割を果たしています、この司令塔がきちんと機能していても、実際に卵巣部分で女性ホルモンが分泌されない、機能の衰えにより不具合が生じるケースがあります。

 

すると女性ホルモンの分泌不足となり、特有の不快な症状が現れるのです。

 

更年期障害の代表的な症状

大きく分けて以下の三つに分類することができます。

 

血管の拡張

のぼせや発汗など

精神的な不快症状

これはかなり一般的ですが、些細なことでイライラする、気分が落ち込む、やる気がなくなる、不眠の症状が出るなどが挙げられます

その他

上記以外にもめまいや動悸肩こりや頭痛関節の痛み、冷え性など様々な症状が現れます。

 

更年期障害の治療法

ホルモン補充療法

更年期障害の主要因としてエストロゲンの減少が挙げられます。つまり対策としては単純でエストロゲンを補うような治療をすれば良いのです。 HRTと呼ばれるホルモン補充療法です。

 

医薬品による治療

更年期障害でも頻繁に見られる精神的な状態、落ち込みや意欲の低下イライラなどに対しては、抗うつ剤や抗不安薬などを処方することがあります。

 

漢方による対策

漢方は複数の生薬により構成されております。 田七人参には、女性ホルモンと深い関わりを持つ、 フラボノイドという成分が豊富に含まれています。ご存知大豆のイソフラボンと仲間のような成分ですね。 田七人参の更年期障害の効果は次に述べたいと思います。

 

田七人参が更年期症状にどう働くか?

更年期障害というのはすぐに治るものではありません。継続的に、ゆるやかに時には激しくつづくものです。ここまで述べてきた治療法や医薬品による治療は、非常に効果的である反面、 医療行為であるため副作用が現れるリスクもゼロではありません。

 

その田七人参はサプリメントではありますが、生薬としての薬効もあり、基本的にノー作物ですか副作用もなく、手軽に始め安心して飲み続けることができます。

 

田七人参の代表的な有用成分としてサポニンが挙げられます。

 

サポニンは副腎皮質ホルモンの分泌を促進する効果があり、血圧や血糖女性ホルモンの調整などを行う機能を有しています。女性ホルモンと血圧はあまり関係ないように思われるかもしれませんが、実は密接に関わっているのです。

 

サポニンが血流を促進させ、末端まで届けることにより冷えや慢性的な疲れ、倦怠感などを緩和する働きがあります。田七人参の有名な成分としてサポニンやフラボノールがよく取り上げられますが、 実はこれだけではなくギャバと言われる成分も豊富です。

 

CM などでご存知の方も多いかもしれませんね。 GABA には神経の興奮を抑え、脳に落ち着きを与え癒す効果があるとされています。これは更年期特有のイライラ対策にも有効と言えますね。

page top